HOME活動報告>患者家族への支援>2018年の活動

 

2018年の活動


5月9日 千葉県子ども病院 母の日

5月9日 千葉県子ども病院 母の日

 

毎年恒例、ビーズアクセサリーでお母さんへのプレゼント「ブックマーク」を作りました。
講師は、子ども病院で小児がん治療を3回も乗り越えた経験者の女性で、ミルフィーユスタッフとしても活動しています。
毎年、この日のために寝る時間を惜しんで、たくさんの種類のパーツを準備して来てくださるのです。
テーブルいっぱいにキラキラのビーズや綺麗なレジン細工が並べられると、お母さんたちは気に入ったビーズを子どもにリクエストして、自分のためのブックマークを作りました。
一番驚いたのは、作るのを面倒くさがって渋っていた中学生の男子が、「楽しい!」を連発して、「もっと作りたい」と夢中になってしまったことです。 男の子も女の子もお母さんも時間を忘れて作る姿は本当に楽しそうでした。
ブックマークが出来上がった後、お母さんたちは治療中や退院後の体験談をじっくりと聞くことができ、これからの生活を想像して勇気をもらえたのだと思います。

ビーズアクセサリーの講師で来てくださった中村さんの感想を載せましたのでご覧ください。(文責 中島)


H30.5.9 ブックマーカー作り教室の開催

「ただいま~」
病棟のナースステーションの前を通る時の私はいつもそう言って、外泊から帰ってきていました。そのあとすぐに処置室の前で外泊中にどれだけ体重が増えたのかを量ってから自分の部屋に戻ります。ベッドで身支度を整えたころ、点滴スタンドが私めがけてやってくる音が聞こえます。そうすると私は観念して胸のIVH(中心静脈栄養)という点滴用の管を差し出して、点滴につながれるのを待つのでした。
 あれから21年が経過して、今は小児がん経験者として病棟の支援事業に参加をさせていただくことができ、ナースステーションの前を通る時に「本日はよろしくお願いします」と挨拶します。この「本日はよろしくお願いします」の瞬間というのは、言葉であらわすことはできませんが私の心の深いところに響きます。発病した13歳から骨髄移植をした20歳までの病棟で過ごした思いが、長い時間を経て思い出されるからなのかなと思います。
 毎年恒例になったアクセサリー教室ですが、今年は「ブックマーカー作り教室」を開催しました。少しでも好みに近いものが選べるように、目で楽しめるようにとさまざまなデザインのパーツを用意しました。子どもたちは集中して材料を選び、思い思いに組み合わせて母の日に贈るブックマーカーを完成させることができました。「もう1個つくりたいな」と言ってくれた男の子。「楽しかった?」と聞くと帰ってきた反応にびっくりしました。「楽しい!楽しい。楽しい。千回は言える。」と言いながら、膝の上に置かれていた手のひらで膝をポンポンと叩くように楽しさで溢れている姿をみせてくれたからです。
自分にも経験がありますが、入院中はこのようなささやかなイベントで、いつもと違う一日を過ごしたことが、心の大きな刺激となることがあります。私は抗がん剤の治療が始まると副作用で吐き気が止まらなくなり眠りながらも嘔吐してしまうといった具合で、体力の消耗も激しくベッドから出ることができなくなることが多い患者でした。起き上がることも難しいのでとにかく何もできないわけですが、その辛さをなんとか乗り切らなければならないので、私は楽しく過ごしたときの気持ちを思い出したり、これから待っている楽しいことを想像したりすることで打ち克つ!ということをしていました。周りから見れば吐き気に負けて弱々しく見えていたかもしれませんが、私は心の中ではとても激しく闘っていつも勝っていました。治療が終わった翌日などは吐き気も消えるので、嬉しさのあまり手のひらで膝をポンポンとするのはもちろん、全身をつかって喜びを表現していたことを思い出しました。
 子どもたちは、作ったブックマーカーにメッセージを添えて、大事な人への感謝の気持ちをかたちにして贈ることができました。本に挟んだブックマーカーで、折にふれて今日の楽しかった時間を読み返せるよう祈ります。(文責 中村)

5月2日 千葉こども病院 食育

5月2日 千葉こども病院 食育

 

千葉こども病院でごはんのはなしをしました。
毎月第一水曜日は「食育」として管理栄養士を中心に食事の話をしています。
今月は「献立をつくろう」というテーマで、献立をみんなで作り、実際に病院給食にするという企画をしてくださいました。
4月の食育では、子どもたちが、主食と肉・魚・大豆製品などの主菜、野菜・海藻・きのこなどの副菜を写真の献立から選んで、バランスの良い食事について学びました。
今月は4月の内容を踏まえて、一食分の量の目安が、主菜は手のひらの高さ2㎝分、副菜は手のひらに山盛り一杯だと教えてもらい、ひとりずつお母さんや栄養士と一緒に献立を考えます。
自分たちが考えた献立が病院の食事で出ると聞いて、子どもたちは張り切って冷麺やそうめん、焼き肉、からあげ、大学いもなど、たくさんの献立を思い浮かべてから、色の濃い野菜を副菜に入れたり、乳製品がないからヨーグルトを加えたりと組み合わせを工夫していました。
普通食と加熱食(白血球減少時に食事からの感染予防のための加熱した献立)の2パターンを考えた子もいて、4東ならではの献立!?もありました。
管理栄養士から、地産地消の食材を使い、苦手な食べ物があっても食べられるものを増やすために食材を多くしていることや、麺類が主食の時は塩分が多めになるので、副菜は塩分少なめの献立にすることなどを聞き、様々な病気や年齢の子どもたちのことを考えて献立が作られていることを改めて感じました。
入院中は、好き嫌い以外に、治療の影響で食欲の低下や口内炎、味覚障害や制限食などで食べられないことも多く、その都度栄養科と相談して食べられそうなものを提供していただいていますが、自宅では親や本人が食べ物を選ぶことになります。
「食育」で子どもたちの成長に必要な食事の知識を親子で学ぶことはもちろん、一番大切な目標は、お母さんや本人が、退院後に治療の影響を少しでも少なくするための食事を頭で考えて選んで食べられることです。
入院中から、退院後を見据えた知識と意識を持つための活動を続けていきます。
今回作った献立がいつ登場するか、とても楽しみです!(文責 中島)

これは食育に使ったパンフレットです。千葉県のホームページに詳細が載っていますのでご覧ください。
【ちば型食生活食事実践ガイドブック概要版(グー・パー食生活ガイドブック)】
https://www.pref.chiba.lg.jp/annou/shokuiku/documents/201606gupagaiyohyousi.pdf
https://www.pref.chiba.lg.jp/annou/shokuiku/documents/201606gupagaiyoutigawa.pdf



4月11日 千葉こども病院 映画会

4月11日 千葉こども病院 映画会

 

今日は病棟内で「ガンバの大冒険」という映画を観ました。
4月は毎年、スタッフの異動などで病棟内が慌ただしいため、手軽にできる行事を行っています。映画は暗幕とスクリーンを張り、プロジェクターで映し出すだけなので、お母さんたちにも手伝ってもらい、病棟ボランティアだけで準備ができました。
子どもたちは、ポップコーンと特別の日にしか飲めないジュースが一杯だけ飲めると聞いて、とても楽しみに待っていました。
行事で食べ物を出すときは毎回、子どもたちができるだけ同じものを食べられるように、主治医や看護師、栄養科と相談しています。でも、どうしても調整ができないときは、同じ食べ物・同じ量が食べられない理由を説明して、代替の食べ物を用意することもあります。
今回も脂質制限のある子がいたので、あらかじめ一人分のポップコーンに含まれる脂質量を計算して主治医に確認を取り、栄養科が食事とおやつで調整してくださった結果、全員の手元にポップコーンとジュースが届きました。治療を最優先にする中で、子どもたち全員が楽しめるように、病棟全体が子どもや親の目線で考えてくださっていることにいつも感謝しています。

「ガンバの大冒険」は、40年ほど前にテレビで放映されていたアニメで、知っているお母さんやスタッフも多くいました。一時間半の映画を小学一年生の子どもたちが集中して観ており、ポップコーンとジュースにつられて観に来た中学生も最後まで部屋にもどらず観ていました。最後のシーンでホロリと涙を流しているお母さんもいて、親子みんなで映画を楽しめました。
ねずみのガンバが仲間たちと力を合わせて、巨大な白イタチのノロイに立ち向かう話は、「仲間」や「勇気」がテーマになっています。
この映画のように、子どもたちや家族が「仲間」として、励ましあったり、笑いあったりしながら、病気と立ち向かえる「勇気」を持ち続けられるように、これからも活動を続けていきます。(文責 中島)


3月7日 千葉県子ども病院で人形劇を見ました

3月7日 千葉県子ども病院で人形劇を見ました

 

長年にわたって訪問してくださっている人形劇団「ニッキ」の皆さんは、千葉県こども病院だけでなく、千葉大学医学部附属病院や帝京大学千葉総合医療センターにも人形劇を届けてくださっています。
初めに、子どもたちとじゃんけんや手遊びをして、緊張している子どもたちが笑顔になると人形劇が始まりました。
「アナンシと5」という人形劇は、数字を数えると催眠術で眠ってしまう場面が繰り返しあり、張りのある声とアドリブのきいた会話についついみんなが引き込まれて、すぐに時間が過ぎてしまいました。
ニッキの方からの呼びかけに答え、感謝の気持ちで挨拶や拍手をすることは長い入院生活の中で日々成長している子どもたちの社会性を身につけるための機会になります。
そして、楽しく夢中になれる時間もとても大切です。
ニッキの皆さん、そのような時間を作ってくださって、ありがとうございました。
ほかにも、人形劇を見ながら野菜チップを食べよう!と企画しました。
栄養科とお母さんに協力していただき、ジャガイモ、レンコン、カボチャで野菜チップスを作り、5種類のパウダーで味付けしました。
子どもたちは、油で揚げずに電子レンジで簡単にできる野菜チップスを「美味しい」と大喜びで食べ、お母さんたちも、「こんなに手軽にできるなら、うちでも作ろうかな」と大反響でした。
感染症予防のため部屋から出られなかった期間が長く、病棟は静まり返っていましたが、久しぶりにワイワイと楽しんでいる子どもたちを見て、いつもの活気ある病棟に戻ってよかったと私たちボランティアもうれしい一日でした。(文責 中島)


2月13日 千葉県こども病院 チョコレート作り

2月13日 千葉県こども病院 チョコレート作り

 


2月5日 成田赤十字病院 チョコレート作り

2月5日 成田赤十字病院 チョコレート作り

 

病棟に入る前、子ども達がとても楽しみにしていますよと、病棟スタッフから聞きました。
血球が低いからお部屋から出られないという子もいましたが、今日は特別に、ドクター達の了承のもと参加出来ました。

こんな甘いお菓子作りの時は、意外と男の子がはりきって、お手伝いしてくれます。
「こんなにたくさんのチョコを、割っていいなんて、初めてだ~」と目を輝かせていました。

手のひらで溶けてしまったチョコレート。「これ食べてもいいの?」ときちんと聞いてくる子ども達。

点滴が繋がっている女の子も、自ら点滴台を転がしながら、女子力満々で、丁寧に溶かしたチョコをカップに注ぎ、細やかなトッピングに没頭していました。女の子は、ラッピングまで手を抜きません。
小さな赤ちゃんのお母さんは、家で待っているお姉ちゃんに、作りますと。

私自身も数年前。娘が入院中、病院で作ったチョコレートを、弟に持ち帰って欲しいと、託された事があります。その時、バレンタイン企画を開催してくれたのが、ミルフィーユでした。あの日、娘が私に、とても嬉しそうに話してくれなければ、今の私はここに居ないでしょう。

治療中は家族と離れて過ごす時間が長く、辛いことの方が多く、我慢の連続。そんな中でも、少しでも垣間見る笑顔に寄り添う事が出来たらと常に思って活動しています。(文責 高橋)


1月31日 千葉県子ども病院 節分

1月31日 千葉県子ども病院 節分

 

今日は少し早い節分の豆まきです。
豆まきの豆は、野球ボールぐらいの大きさに新聞紙を丸めて、その上に黄色の折り紙を巻いて作りました。
鬼になったのは、医師と看護士、院内学級の先生です。鬼のパンツやかつらなどの衣装を身につけて金棒を持ち、顔には顔料を塗ってかなり本格的な鬼になりました。
子どもたちがプレイルームに集まって、院内学級の先生から「節分」の説明を聞いたあと、太鼓の音と一緒に赤鬼、青鬼、黒鬼が現れると、子どもたちはびっくり!
怖くてお部屋から出てこない子もいましたが、お部屋にも出張して、みんなで、「おにはそと、ふくはうち!」と、大きな豆をぶつけて鬼をやっつけました。
あまりにも凝った鬼を見て、お母さんも子どもたちもスタッフも、病棟中が大笑いです!
こうして笑うことが、子どもたちや家族が病気と闘う力になります。
豆まきの時間は40分ほどでしたが、このために、何日も前から打ち合わせや準備をしてくださった病棟スタッフや院内学級の先生、ありがとうございました。
豆まきと笑いで邪気を負い払ったので、明日も良い日になりますね。 (文責 中島)


1月15日 成田赤十字病院 移動映画館

1月15日 成田赤十字病院 移動映画館

 

今日は成田赤十字病院では初めての移動映画館。
ミルフィーユスタッフお手製の暗幕と映写機を持参して、病院内のプチ映画館を開きました。映画鑑賞には外せないポップコーンも準備し、病棟には病院スタッフが作ってくれた素敵な上映会のポスターが雰囲気を盛り上げていました。
暗幕を張り、会場が暗くなると、 病棟は“もうすぐ~、これから~”と書かれたような子どもたちの笑顔でいっぱいになりました。
上映に間に合うように電子レンジでポップコーン作り始めると、ニコニコッと一人の男の子が興味津々な顔つきでそばに来て、お手伝いをしてくれました。電子レンジの中を覗きながら、「ポン、ポン聞こえるね」。「わー、膨らんできたよ」と歓声が。

今日の上映はドラえもん。上映時間100分。途中、映写機トラブルがありましたが、調整中、子どもたちはじっと再開を待ってくれて、この辺りからだよと、優しく答えてくれました。100分じっと見ていられる集中力に、私たち大人は驚かされ、ここは病院なんだろうか?と疑うような、子どもたちの純粋でキラキラとした目に、癒しを感じさせてもらいました。

ある小さな女の子。上映が終わると、「大きなドラえもんはどこに行ってしまったの?」と。恐らくスクリーンで見る映画は初めてだったのかしら?愛苦しい女の子の一言に、私達スタッフは、またまた魅了されてしまいました。(文責 高橋)