HOME>MCCFについて>活動報告書

 

2015年度は以下のとおり活動いたしました。

4月1日

千葉県こども病院での通常活動+食育

8日

千葉県こども病院での通常活動

15日

千葉県こども病院での通常活動+食育アニマルセラピー

16日

千葉県こども病院 明石焼きパーティー

17日

千葉大学付属病院 人形劇

22日

千葉県こども病院での通常活動

29日

千葉県こども病院での通常活動

5月5日

千葉県こども病院 こどもパーティー

10日

千葉県こども病院 母の日イベント

11日

成田赤十字病院 母の日イベント

13日

千葉県こども病院での通常活動

20日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

27日

千葉県こども病院での通常活動

6月3日

千葉県こども病院での通常活動+食育

7日

総会と勉強会の開催

10日

千葉県こども病院での通常活動

17日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

21日

千葉県こども病院 父の日イベント

24日

千葉県こども病院での通常活動+ポテトチップパーティー

7月1日

千葉県こども病院での通常活動+ミラクルブレス公演

5日

鴨川地区で茶話会

8日

千葉県こども病院での通常活動+食育

9日

帝京大学ちば総合医療センター 人形劇とパネルシアター

15日

千葉県こども病院での通常活動+人形劇

22日

千葉県こども病院での通常活動

29日

千葉県こども病院での通常活動

8月1~2日

九州久留米にて講演

4日

千葉県こども病院 流しそうめん祭り

5日

千葉県こども病院での通常活動

7日

千葉県こども病院 外来ロビーにて人形劇

12日

千葉県こども病院での通常活動

19日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

22日

千葉県こども病院 夏祭り

26日

千葉県こども病院での通常活動

29日

ロッテ今江選手応援観戦

9月2日

千葉県こども病院での通常活動+ポテトチップパーティー

9日

千葉県こども病院での通常活動

16日

千葉県こども病院での通常活動+母親学級

19~21日

J&Mキャンプ

23日

千葉県こども病院での通常活動

10月5日

千葉県幕張総合高校看護科での講演

7日

千葉県こども病院での通常活動+食育

10日

ハゼ釣り大会

14日

千葉県こども病院での通常活動;チジミパーティー

26日

千葉県こども病院 ハロウィンパーティー

28日

千葉県こども病院での通常活動

11月4日

千葉県こども病院での通常活動

7日

千葉県こども病院 タコ焼きパーティー

8日

公開講座開催

11日

千葉県こども病院での通常活動

16日

習志野保健所 講演

18日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

19日

千葉県こども病院 運動会

25日

千葉県こども病院での通常活動+食育

28~29日

日本小児がん学会・日本小児がん看護学会参加

12月2日

千葉県こども病院での通常活動+食育+クッキー作り

9日

千葉県こども病院での通常活動+年賀状作り

16日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

17日

千葉県こども病院 楽天今江選手病棟訪問

23日

千葉県こども病院 クリスマスパーティー

1月7日

千葉県こども病院での通常活動

9~10日

キャンプ下見

13日

千葉県こども病院での通常活動

20日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

28日

千葉県こども病院での通常活動

2月1日

成田赤十字病院 バレンタインチョコレート作り

3日

千葉県こども病院での通常活動+食育

9日

千葉県こども病院 バレンタインチョコレート作り

10日

千葉県こども病院での通常活動

11日

千葉県こども病院 回転お菓子パーティー

14日

保険の勉強会開催

16日

千葉県こども病院での通常活動+アニマルセラピー

23日

千葉県こども病院での通常活動+音楽会

30日

千葉県こども病院での通常活動

 

活動概要

パンフレットや市民賞受賞の記事で述べていますが、ミルフィーユの活動目的は以下の3点です。

1.診断がつき、長い入院生活を強いられる子どもたちと家族が、少しでも明るく辛い時期を乗り越えられるよう応援すること。
2.小児がんの治癒率は非常に高く、治癒する時代となったが、心身ともに成長発達の時期に受ける治療であるため、治療終了後、何年も経ってからその影響が出てきて問題となることがある。そのリスクを軽減し、予防する、そして発症しても早期に発見・対処できるよう、患者・家族が自立的に健康管理をしていく姿勢を育むこと。
3.小児がんに対する社会的な正しい理解を促進させる活動を通して、子どもたちの明るい将来をめざすこと。

病院内外の活動はこの理念を基に行っておりますので、病棟内での楽しいひと時のプレゼント活動は、単に楽しいだけでなく、その中で将来、自分の健康管理、そして元の社会に戻った時のことを念頭に入れて行っています。
たとえば、ポテトチップ作り。肝機能などに治療の影響が出るため、油分の多いおやつは避けたいのですが、ポテトチップは子どもたちの大好物です。そこでどうして市販のものはいけないのかを管理栄養士と共に勉強し、油を使わなくても市販のチップスと変わらないものをつくろうというイベントをするのです。その結果、子どもたちは退院したあとも、その経験を生かし、どんなものだったら自分の体に良いのかを考えるようになるのです。将来の健康自己管理につながります。
また、アニマルセラピーや人形劇など、外からの訪問客の皆さんには、必ず感謝の気持ちを表すように導きます。どうしても過保護になりやすく、その結果、自ら、何かを能動的に行う姿勢が育ちにくい状況ですが、ご挨拶したり、感想を述べたり、初めて会った人とでもお話しできるようになればと願っています。

*千葉県こども病院では毎週水曜日、朝から夕方までの血液腫瘍科病棟内活動を続けています。活動内容は主として、子どもたちの遊び相手、家族の相談相手、イベント企画実行などです。

 

そのほかの活動